時間を掛けてほくろ除去するとより安全!


ほくろ除去治療はリスクの少ない医療行為ですが、全くリスクがゼロというわけではありません。
場合によってはほくろ除去治療によって傷跡が残ってしまう可能性もあります。
そのため、なるべくリスクを回避できる治療内容を選びましょう。
そこでオススメするのは治療回数を増やすことです。
仮に小さなほくろだとしても一度の治療で取りきってしまうのは傷跡のリスクが生じてしまいます。
特に大きなほくろの場合は、一度に除去を目指すと皮膚を深く削るので傷跡になりがちです。
したがって何度か治療を分けるようにすれば、皮膚が回復してからほくろ除去が行えます。
ほくろ除去治療の間隔は1ヶ月程度空けるようになるので、傷跡が残らないように皮膚の負担を減らすことができます。
ほくろ除去治療の間隔は自由に選べますのでスケジュールに合わせてペースを決めると良いでしょう。
ほくろ除去治療のリスクを避けるためにも無理のない治療間隔を心掛けてください。

This entry was posted in ほくろ除去のチェックポイント. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found